Kickstarterで話題になったヘッドホンにもなるHMD「Glyph」がCESに #CES2015

GLYPH_VIRTUAL RETINAL DISPLAY[VRD]

   
Photo: Kickstarter Project

昨年、Kickstarterで25万ドルでプロジェクトを開始し、150万ドルを集め話題になっていたヘッドホンになったりする網膜投影し映画を見できるヘッドマウントディスプレイ「Glyph」がCES2015に出展しているようだ。

 

Kickstarterに公開しているスペック

ディスプレイ部が解像度 1280 x 720 HD x2 (両目分、3D対応)、視野角 水平45度 「2.5m先に80インチ画面相当」(HMDの視野角表記は、メーカーにより対角だったり水平だったりすることに注意)、コントラスト比 1000:1以上、リフレッシュレート120Hz。
ほか左右ヘッドホン (20 – 20000Hz, 115dB)、内蔵マイク、9軸ヘッドトラッキング(Bluetooth または有線接続)、HDMI入力端子、3.5mmヘッドセットポート、給電用マイクロUSBなど。本体重量は約16オンス (約450g)。
Source: engadget日本版

 

レビュー動画を見てみよう。

 

Cnetによるレビュー動画

 

Tom’s Guideによるレビュー動画

参考

 

「International CES2015」の記事





↓↓新最新情報をtwitterやfacebookでcheck!!!

  「いいね!」していただくととても嬉しいです^^








Top