スマホのカメラ越しに文字を翻訳したりリアルタイム翻訳ができる翻訳アプリをGoogleがリリース

GoogleTranslate_WordLensiPhone

   

Googleはリアルタイム翻訳とWord Lensに対応した「Google翻訳」アプリのバージョン3.1.0をリリースした。 App Storeのバージョンアップデートの文章で新機能の説明がある。

• Word Lens: 看板や文字にカメラを向けるだけで翻訳アプリがすぐに翻訳します。インターネットやデータ接続も不要です。現在対応している言語は、英語↔フランス語、英語↔ドイツ語、英語↔イタリア語、英語↔ポルトガル語、英語↔ロシア語、英語↔スペイン語です。 • カメラ翻訳モード: 写真を撮影して文字をハイライト表示すれば翻訳できます。現在は36言語に対応しています。 • 音声会話モードで言語を自動検出 – 音声入力で翻訳を開始すると、Google翻訳が2つの言語のどちらが発声されているかを認識するため、相手とよりスムーズに会話することができます。

WordLensはカメラを向けると、文字を翻訳してくれるというもの。例えば、海外に行った際に、街中の文字が読めない場合、アプリを起動してカメラを合わせれば、翻訳をしてくれるというものだ。現在のバージョンでは、まだ日本語には対応していないようだ。

カメラ翻訳モードは日本語に対応しており、まず翻訳したい文字をカメラで撮影し、テキストをなぞると、翻訳してくれるというものだ。

リアルタイム翻訳はAndroid Wearでの音声入力がなかなか広まらない日本のキラーアプリになる可能性もあるのではないか。

 

現在、Google翻訳は、5億MAU、デイリー10億件の翻訳をしているとのことだが、この機能がリリースされたことで更にユーザー数と利用頻度が上がりそうだ。





↓↓新最新情報をtwitterやfacebookでcheck!!!

  「いいね!」していただくととても嬉しいです^^








Top