ヤフーニュースがAndroid Wearアプリをリリース!moto360で早速つかってみた

ヤフーニュース公式アプリがAndroid Wearに対応

   

Yahoo!Japanが運営するYahoo!ニュースが、Android Wearに対応したアプリをリリースした。
Yahoo!ニュースといえば、ICT総研が2014年11月に発表したレポート「2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査」でモバイルアプリの利用率というアンケート項目で、スマートニュース(6.8%)やグノシー(7.3%)を圧倒して31.7%が利用しているという結果で他の有力アプリを圧倒していたのが記憶に新しいところだ。

今回はNo1ニュースサイトのYahoo!ニュースがAndroid Wearに対応したとあってどれくらいインパクトがあるのか見てみたいところだ。このアプリはGoogle Playの想定インストール欄で100万~500万インストールされているアプリなので影響がも大きいはず。Android Wearのキラーコンテンツになっていってほしい。
少しだけ触ってみたレポ。

 

 

スマホ側で、Yahoo!ニュースアプリをインストールし起動

最新バージョンのアプリを起動するとなんと、モーダルでYahoo!ニュースがAndroid Wearに対応したと大きく表示される。Android Wearを持っていないユーザーへも通知されるのはいい。
スマホ側で、Yahoo!ニュースアプリをインストールし起動した画面

スマホ側で、Yahoo!ニュースアプリをインストールし起動したモーダル

スマホ側の設定画面を開く

スマートウォッチ上でスワイプでYahoo!ニュースの最新記事を閲覧できるクイック起動機能の設定や更新間隔、表示するニュースジャンルの設定が可能。わかりやすい。

スマートウォッチ上でスワイプでYahoo!ニュースの最新記事を閲覧できるクイック起動機能の設定

 

クイック起動

クイック起動は、スマートウォッチ上のギザギザな部分をスワイプで起動。クイック起動の位置はアプリ設定画面で設定できる。

クイック起動は、スマートウォッチ上のギザギザな部分をスワイプで起動

 

ニュース一覧画面

一覧性も高くコンパクトにタイトルが編集されている。
ニュース一覧画面

 

ニュース詳細画面

moto360だからか思ったよりも文字が小さくて読みづらいということはない。
ニュース詳細画面

ニュース詳細画面スクロール時の表示

記事を読むを押すとスマホ端末で記事を読めるボタンが表示される。

ニュース詳細画面スクロール時の表示

 

専用ウォッチフェイスでティッカー表示

Yahoo!ニュース専用のウォッチフェイスを使えばニュースのティッカーを表示することができる。
Yahoo!ニュース専用のウォッチフェイス

 

使ってみて思ったのが、恐らく検討されているかと思うが、Pocketのようなあとで読むボタンのような機能があれば、スマートウォッチ上でサクッとタイトルを確認し、別の端末でニュース詳細を読むというような行動ができると思う。
Yahoo!では、Yahoo!乗換案内の一部機能で、2014年9月にAndroid Wearに対応していたり、IOT分野では今春からIOT事業者向け開発支援プラットフォームを提供するとしており、今後の動きが楽しみだ。





↓↓新最新情報をtwitterやfacebookでcheck!!!

  「いいね!」していただくととても嬉しいです^^








Top