回転率めちゃ早!! 五反田駅前のTHE漢な雰囲気のうどん屋「おにやんま」


   

五反田駅前にある1人では入りにくい雰囲気の立ち食いうどん屋さんに行ってきました。

ど平日の夜20時半に到着し、すぐに入れるかと思いきや数人が並んでます。

食券を買ったあと、メニューがある立看板の後ろに並ぶのが正解のよう。

↓立看板これ
五反田のおにやんまの立看板

とり天が有名らしいのでとり天にちくわ天つきのうどんの食券買って待つこと2分だけ。さすが立ち食いうどん。回転率は早すぎます。

席(立ち食いなので席でなく場所?)で待つこと2分。できるのも早すぎますね。
ここでポイントは食券は渡さなくてもそのまま席で待ってれば来ることですね。結構、食券渡そうとしていた方がいたのですが店員さんが忙しすぎて素っ気なく「待って」と言われるのでそんなやりとりでイヤな気分になりそうな人は注意ですw

とり天とちくわ天の温かいうどん

味は関西風で美味しいです。とり天はめちゃめちゃ合いますね。

食べながら、おにやんまの回転が早い理由を勝手に3つ考えてみました。ほんとうに勝手すぎますが。

 

【回転が早い理由1】客が男だらけ

私が行った際も女性は1人もいませんでした。とてもじゃないがは女性1人で入る雰囲気ではないです。やはり男性のほうが食べるスピードが早いので回転が早くなりますね。

 

【回転が早い理由2】天ぷらを作り続ける

ちくわ、とり天を作り続けているのも回転率を上げているように思いました。確認できてないですが、うどんもそんな感じで茹で続けているのかもしれないです。

おにやんまの回転が早い理由、てんぷらを作り続けている

 

【回転が早い理由3】食券機で購入したものをスタッフが把握している

立ち食い蕎麦だと食券渡してから作り続けたりしますが、おにやんまは食券渡さなくても勝手にきます。食券機とうまく連動している感じが素晴らしく画期的な感じがしました。

※もしかしたら、たまたまそういうオペレーションだったかもしれません。

ということで、五反田を通過する際は15分ほど時間あれば食べて帰れるので、さくっとご飯を済ませたいときはちょうど良さそうなお店だと思います。





↓↓新最新情報をtwitterやfacebookでcheck!!!

  「いいね!」していただくととても嬉しいです^^








Leave a comment

Your email address will not be published.




Top